ホーム 研究会について 活動 エピネット日本版 全国調査(JES) 感染症の基礎知識 針刺し予防策 関連情報 お問合せQ&A 安全器材と個人用防護具
JES実施の背景 参加表明施設 JES2009 JES2011 JES2013 JES2015 JES2018
JES2018に関するお知らせ
JES2018の進捗状況(2019.3.8)
JES2018(エピネット日本版サーベイランス2018)は下記のように進行しています。
【2018年8月上旬】参加の依頼
2018年8月上旬にメールにて、前回のJES2015で継続参加を表明されていた104施設を対象に、今回のJES2018への参加のご意思をお伺いしています。回答期限は9月7日です。
【2018年9月21日】JES2018参加意向の回答結果
JES2018へ参加するとご回答された施設は 90施設でした。ご参加を決められた施設様にお礼を申し上げます。
施設調査票とエピネットデータの提出期限は 2018年10月31日ですので、御多忙中とは存じますがどうぞ宜しくお願い致します。
また、参加を取り止めとの回答をいただいた施設様には、誠に残念ではございますが、これまでJESにご協力下さいましたことに深く感謝申し上げます。
【2018年12月28日】データ提出と分析
JES2018のデータを提出された施設は 82施設でした。ご提出いただいた施設様にはご多忙中にご用意いただいたことお礼を申し上げます。
またご提出後には、一部施設様には当方からの問い合わせにご回答いただき有難うございました。
ワーキンググループ(JESWG)では現在までにデータクリーニングをほぼ終了し、分析、レポート作成に取り掛かるところです。
【2019年3月2日】集計・分析結果の送付
JES2018に参加され、エピネットデータと施設調査票を提出された施設様に最初の集計・分析結果をお届けしました。
なお、データクリーニングや検証の過程で、分析の母集団から除外されたデータがあったことをお断りしておきます。
研究会ではこのあとも分析を続けその結果を学会や投稿等で発表させて頂きます。

【おことわり】
 これまでに多くの医療機関からJES参加のご希望があったため、当研究会では2015年度のJESからはエイズ拠点病院以外の医療機関にも参加対象を広げることを計画し、またそのようにお伝えしてきましたが、都合により現時点では新規参加の募集を延期させていただいています。今後の計画のメドが立ち次第、このHP上にてお知らせいたしますのでご了解いただきますようお願いいたします。

2019年3月8日

--------------------------------------------------------------------------------------
JES2018事務局
エピネット日本版サーベイランスワーキンググループ(JESWG)