ホーム 研究会について 活動 エピネット日本版 全国調査(JES) 感染症の基礎知識 針刺し予防策 関連情報 Q&A
JES実施の背景 参加表明施設 JES2009 JES2011 JES2013 JES2015 JES2018
JES2013(Japan-EPINet Surveillance:エピネット日本版サーベイランス2013年)
JJES2013結果概要
エピネット日本版サーベイ2013結果概要報告 (第29回日本環境感染学会総会 教育講演4/シンポジウム7での報告概要) エピネット日本版サーベイランス(JES2013)速報(吉川) pptx pdf手術部領域の疫学と針刺し・切創・皮膚・粘膜曝露の予防対策およびエピネット日本版(手術部版)(李)                                                               pptx pdfエピネットサーベイランスにより皮膚・粘膜曝露の疫学(網中) pptx pdf    ※上記3つのpdfファイルをまとめたファイル pdf
JES2013の進捗
JES2013のデータ提出にご協力いただいた医療機関に対して、JES2013の結果の郵送が4月末に発送いたしました。多くの施設の皆様に協力をいただき、こころから感謝申し上げます。
1.結果の郵送について
JES2013参加の93施設に、4月30日までに「郵送」で結果を順次、お送りいたしております。
送り先は、JESに登録いただいている担当者の宛名です。
もし5月中旬になっても、お手元に届かない場合は、大変お手数ですが、suppot までご連絡ください。
2.JES 参加施設数、JES2013結果の発送施設数
現在のJES登録および2013参加施設、データ提供施設数は以下です。
  • 登録118施設、JES2013参加表明96施設、JES2013不参加5施設 返答なし17施設
  • エピネット日本版A(針刺し切創)提供 87施設
  • エピネット日本版B(皮膚・粘膜)提供 79施設
  • 施設調査回答 89施設
  • 上記のうちいずれかのデータを提供いただいた計93施設に結果をお送りいたしました。

3.JES2013概要速報、学会での報告
以下の学会でJES2013の概要を報告いたしました。
第29回日本環境感染学会総会 教育講演4/シンポジウム7セット企画
セッション総合テーマ「血液体液曝露(職業感染制御研究会共催)」
司会者:飯沼由嗣、李宗子 2014年2月14日(金)9時30分から11時30分

4.HPでの公開
JES2013の結果概要につきましては、夏頃をめどにHP上でもアップの予定です。
2014年5月7日

針刺し切創全国サーベイランス(JES2013)事務局
エピネット日本版サーベイランスワーキンググループ(JESWG)
JES2013 担当:吉川徹・網中眞由美