ホーム 研究会について 活動 エピネット日本版 全国調査(JES) 感染症の基礎知識 針刺し予防策 関連情報 Q&A
これまでの活動内容 学会での活動 研修会等 One and Only 針刺し予防の日
最近の活動
【第31回日本環境感染学会総会 学術集会報告】
  1. エピネット日本版サーベイ2015(JES2015)針刺し・切創及び皮膚粘膜曝露 pptx pdf
  2. 血液・体液曝露に関する施設調査結果-JES2015-およびエピネット日本版手術部版の分析結果 pptx(修正済) pdf

【第32回日本環境感染学会総会 学術集会報告】
  1. 病院における血液媒介職業感染対策・現状と課題 pptx pdf 

【第33回日本環境感染学会総会 学術集会報告】
Ⅰ.ベーシックレクチャー
 テーマ;研究にエピネットデータを利用するにあたって知るべきこと
  1. エピネット日本版の成り立ちとそのしくみ 演者;木戸内 清  pptx pdf 
  2. エピネット日本版の正しいデータ収集・入力方法(データ入力の間違い事例等から)演者;細見 由美子  pptx pdf 
Ⅱ.シンポジウム
 テーマ;血液体液曝露の残された課題
  1. エピネット日本版および施設調査(JES2015まで)のデータ分析から見える手術室における針刺し、切創の課題 演者;李 宗子 pptx pdf 
  2. 針刺し・切創対策に関する最近の動向 演者;満田 年宏 pptx pdf 
  3. 皮膚粘膜曝露と噛みつき・引っ掻き-エピネット日本版全国調査2015年データの詳細分析から- 演者;網中 眞由美 pptx pdf 
  4. 血液体液曝露後における対応の課題 演者;森澤 雄司  pptx pdf 
第26回日本環境感染学会総会における職業感染制御研究会展示ブース出展
第26回日本環境感染学会の展示ブースにおいて、大久保憲大会長のご配慮を頂き、「職業感染制御研究会」として本学会では初めて展示ブースを出展いたしました。展示ブースでは、職業感染制御研究会の活動の紹介、新しく作成したPPEカタログ等を配布、エピネット日本版に関するよろず相談など、実践的な内容の情報交換を行いました。 1.ブース出展日時
   日時:2011年2月18日(金)・19日(土)
   場所:パシフィコ横浜 マリンロビー休憩コーナー前(2コマ)

2.展示内容
  • 職業感染制御研究会の活動紹介(ポスター:別紙参照)
  • エピネット日本版の紹介
  • エピシス新バージョン(Episys 201)の紹介
  • 新ホームページの紹介
  • 職業感染対策教育関連の書籍紹介
  • PPEカタログ(2011年作成)の紹介
  • その他
3.エピネット日本版/Episys Q&Aコーナー
  • 液晶ディスプレーを設置し、エピネット日本版の集計・解析ソフト(今春公開予定の新バージョン“Episys 201”)の主な特徴をPCでご紹介し、皆様が日頃抱えている針刺し・血液曝露サーベイランスに関する悩み・疑問についてお答えするコーナーを設けました。
ブース風景
第26回日本環境感染学会総会における職業感染制御研究会展示ブース写真1
   第26回日本環境感染学会総会における職業感染制御研究会展示ブース写真2

4.意見箱
  • 職業感染に関する質問および本研究会活動に対する意見をご記入頂く意見箱を設置しました。
5.展示ブースの成果について
  • エピネット日本版紹介(Q&Aコーナー)は実際に現場で使用して悩んでいる方々に良くわかったと好評でした。
  • PPEカタログ:「個人用防護具の手引きとカタログ集」は2日間で1700部ほど配布しました(教育講演会場での配布を含む)
  • 関連書籍、DVDに対しての関心も高かったように思います。
  • 大勢の方にブースへ立寄りいただき、研究会の活動に関心をお持ちいただけたと思います。
この頁の先頭へ