ホーム 研究会について 活動 エピネット日本版 全国調査(JES) 感染症の基礎知識 針刺し予防策 関連情報 FAQ
アンケート調査
安全な注射処置調査
このアンケートは職業感染制御研究会が針刺し体液曝露に関する実態調査の一部として実施するものであり,その目的は日本の医療現場における注射処置実務の状況を把握することにあります。下記ボタンをクリックしてアンケートへご参加ください。

(※)安全な注射処置に関するアンケート調査と「Only one キャンペーン」本調査は職業感染制御研究会の針刺し体液曝露に関する実態調査の一部として実施するものです。2011年5月の総会で承認された本研究会の活動計画にもとづき、 2011年9月より進められています。
本調査では、日本の医療現場における注射処置実務の状況を把握し、参加病院を通じた情報共有を進め、安全な注射処置を医療施設、職場、医療従事者個人の正しい取り組みを促進することを狙いとしています。
安全な注射処置は米国で「Only one キャンペーン」として進められており、その取り組みに本研究会がいち早く対応し、進めているものです。詳細は以下をご参照ください。

(1)米国疾病管理センター(CDC):安全な注射処置に関するページ
   http://blogs.cdc.gov/safehealthcare/?cat=164
(2)Pugliese G, Gosnell C, Bartley JM, Robinson S. Injection practices among clinicians in United States health care settings. American journal of infection control. 2010;38(10):789-98. Epub 2010/11/26.
   http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21093696

なお、職業感染制御研究会では、エピネットサーベイランス参加病院のネットワー クを通じて、「安全な注射処置」に関する紙アンケートへの回答を郵送(集計は JESWG事務局)し、紙ベースの調査も同時に実施しています。